大人からピアノをはじめてみました

川崎市の音楽スタジオ(武蔵小杉駅近)『スタジオアイシャ』
大人からピアノをはじめてみました

はじめての発表会に参加してきました

先日、はじめてジャズピアノの発表会に参加してきました。

演奏した曲は「You'd Be So Nice To Come Home To」で、テーマ⇒アドリブ⇒ベースソロ⇒テーマの流れでした。ピアノ、ベース、ドラムのトリオ編成です。

しかし、自分でもびっくりするくらい緊張していました。もちろん、ある程度は緊張すると思っていましたが、手が震えるほど緊張したのは想定外でした。黒鍵を空振りして違う音を出したりして、それでさらにあせってしまいました。

私はサックスも吹くのですが、思い返すと最初に人前でサックスを演奏した時も手が震えていました。しかし、サックスの場合は多少手が震えても違う音になるようなことはなく、ピアノの場合は手が震えると黒鍵を空振りしたり、悲惨な状況になるということを経験しました。

また恐れていたことなのですが、ベースのバッキングでは自分がどこを演奏しているか見失ってしまい、先生にサポートしてもらって何とか戻るという...

ただ、最後のテーマに戻って少し落ち着いてきて、ドラムやベースの音も聞こえて演奏を楽しむことが出来ました。心配していたエンディングもなんとかなり、息も絶え絶えでしたが完走することが出来ました。

とにもかくにも、いい経験をさせていただきました。緊張で手が震えるなんて、多分10年以上忘れていた感覚を思い出すことも出来ました。そして何と言っても、生のドラムとベースと一緒にピアノを弾かせていただくなんていうのは、なんとも言えない時間でした。

サックスでも経験済みですが、2回目はだいぶ冷静になれるので、次はもう少しピアノを演奏する時間を味わえるのではないかなと思っています。正直、仕事の関係で次はいつになるか分かりませんが、マイペースで無理のない範囲で練習を続けて、発表会のような機会に参加出来ればと思っています。


ジャズピアノのレッスン20回目(18/10/24):発表会に向けて2

ジャズピアノのレッスン、その20回目の日記です。

■課題(今回のレッスンまでの宿題)
・課題曲:You'd Be So Nice To Come Home To
・発表会用の流れの練習
 テーマ⇒アドリブ⇒ベースソロ⇒テーマ
・アドリブ
 −先生のアドリブのコピー
 −B♭をベースに一部E♭に転調
 −覚えた決まりフレーズを混ぜる


11月に発表会があり、それに向けたレッスンでした。
前回のレッスンで相談させていただいた流れ、テーマ⇒アドリブ(前半コピー、後半即興)⇒ベースソロのバッキング⇒テーマという流れを確認いただきました。基本的にはこの流れの通りで、ほんの少しですがエンディングのフレーズを変更するアドバイスをいただきました。

そんな中で本番を想定して、ベースとのアイコンタクトをした方がいいことなどをアドバイスいただきました。また、本番に向けてはテンポ110で練習して、本番はテンポを少し遅くして105くらいからはじめるといいとのこと。本番はどうしても少し走りがちになるので、練習以上のテンポになると対応できなくなってしまうことを想定してとのことです。

また、発表会後は3連符のリズムを練習するといいとのアドバイスをいただきました。テンポを落として練習して、徐々に上げていくといいとのことです。

どう考えても、本番をノーミスで乗り越えるのは難しそうです。ミスってもいいので、何とか戻って通せることを意識して本番まで完成度を高めたいと思っています。

そんなこんなで、いよいよはじめての発表会が近づいています。どこまで生のドラムとベースと合わせるのに対応できるのか不安もありますが、楽しみでもあります。まあ、いずれいせよ無理のない範囲で練習したいと思っています。




ジャズピアノのレッスン19回目(18/9/25):発表会に向けて

ジャズピアノのレッスン、その19回目の日記です。

■課題(今回のレッスンまでの宿題)
・課題曲:You'd Be So Nice To Come Home To
・アドリブ
 −先生のアドリブのコピー
 −B♭をベースに一部E♭に転調
 −覚えた決まりフレーズを混ぜる
 −コードトーンを狙う
 
今回もだいぶ間が空いてしまい、5ヶ月ぶりのレッスンになってしまいました。

11月に発表会があり、参加させていただくことになりました。来年から仕事が忙しくなると発表会への参加が難しくなるので、このタイミングで出席させていただくことになりました。時間的に完成度を高めることは難しいですが、生のドラムとベースと一緒に演奏する経験がしてみたかったのです。

ということで、今回のレッスンでは発表会で演奏する内容をつめていきました。曲は練習中の「You'd Be So Nice To Come Home To」にしました。本番までに出来るきることに限りがあるので無理はせず、テーマ⇒アドリブ(前半コピー、後半即興)⇒ベースソロのバッキング⇒テーマという流れで行きましょうということになりました。

エンディングをどうするかを先生から提案いただき、そのフレーズを教わりました。通しで演奏してみると、ベースソロのバッキングがなかなか難しい。1人で練習して出来ても、合わせるとなかなか思うようにいきません。アドリブで即興の部分も、まだコードを右往左往するレベル。

本番でミスりそうな可能性は正直高そうですが、ミスってもいいので、何とか戻って通せるようにしたいところです。そんなこんなでいろいろありますが、本番までにある程度は形になるよう、無理しない範囲で練習したいと思っています。

本番前に、もう一度レッスンでチェックしていただこうかと思っています。はてさて、どうなることやら。


■次回のレッスンまでの宿題
・課題曲:You'd Be So Nice To Come Home To
・テーマ⇒アドリブ(前半コピー、後半即興)⇒ベースソロのバッキング⇒テーマ
 −エンディングの練習
 −バッキングがかなりあやしいので改善
 −途中でミスっても戻れるように、通しで出来るように練習