大人からピアノをはじめてみました

studio Aisya(スタジオアイシャ)

ジャズピアノのレッスン6回目(12/12/31):アドリブの時は左手を見ないで右手を見る

ジャズピアノのレッスン、その6回目の日記です。
2012年最後のレッスンは、大晦日に先生にお付き合いいただき
ました。

■課題(今回のレッスンまでの宿題)
・課題曲:Fly me to the moon
・指はなるべく寝かせて、手の甲を鍵盤からあまり離さず上下に
  動かさないで弾く練習。
・左手の4音のコード+右手でアドリブ
・左手を裏で弾く

まず、テーマ→アドリブ→テーマをチェックしてもらいます。
何箇所がミスがあったり、アドリブというより適当ではありますが、
それなりに慣れてきました。

アドリブの時、左手を見ながら右手はほとんど見ないで適当に
弾いているのですが、それだとミスタッチが多くなります。
先生からはなるべく左は見ないで右をみるようにすると
いいとのアドバイス。試しに目をつぶって左手のコードだけ
弾いてみるようにとの指示。無理でしょ、と思いつつ試して
みると、自分でもびっくりしたのですが出来るのです。
左手も慣れてきて、知らず知らずに体が覚えてきているよう
です。左手は時々チェックする程度で右手を見ながらアドリブを
すると、確かにミスタッチが少なくなります。でも、右手に
意識がいくと、左手をミスったりします。でも、これももう少し
慣れればよくなってきそう。

今度は左のコードを裏で鳴らしながら、右手でドレミファソラシド
ドシラソファミレドと繰り返します。少しづつ出来るようには
なってきていますが、まだまだ時間がかかりそうです。
今度は右手でアドリブ。これは難しい…、まあ練習です。

今後セッションに参加する場合に向けて、いくつかセオリーも
教わりました。まずは4バース。4小節ごとに交代でドラムなど
別のパートの人と掛け合いです。そして、他のパートのバッキング
をする時。ベースなどのソロの時に左右の手でコードを弾いて
バッキングをします。右手でコードを弾くのは全然できません。
また、タダでさえどこを弾いているか見失うことがあるのですが、
ベースのソロなどでは特に見失いやすいので、しっかり
小節をカウントする必要があります。

今年は冬くらいには下手でもセッションに参加できるように
したいなあと思いながら、マイペースで練習していきたいと
思います。

■次回のレッスンまでの宿題
・課題曲:Fly me to the moon
・左手の4音のコード+右手でアドリブ、その時になるべく左手を
  見ないで右手を見ながら(右手のミスタッチを減らす)。
・左手を裏で弾く
  右手はドレミファソラシドドシラソファミレド。それに慣れて
  きたら右手はアドリブ。
・ベースのソロのバッキングを想定して左右でコードを弾く練習。