大人からピアノをはじめてみました

studio Aisya(スタジオアイシャ)

ジャズピアノのレッスン10回目(14/5/20):コードを裏で弾く練習

ジャズピアノのレッスン、その10回目の日記です。

■課題(今回のレッスンまでの宿題)
・課題曲:Softly, as in a monrning sunrise
・アドリブ
 −右手でE♭メジャースケールを見ないで3オクターブ
   くらい弾けるように
 −お決まりのフレーズを混ぜれるように
・セッションを想定した練習
 −4バース
 −バッキング(左手と右手で同じコードを弾く)

気がつけば前回のレッスンから半年以上が過ぎてしまい
ました。

可能な範囲で少しづつ練習していたので、今の状況を
見ていただきました。テーマ→アドリブ→バッキング→
4バース→テーマを完成度はともかく、一応通しで弾ける
ようになりました。以前なら途中で集中力が切れて
しまっていたところですが、慣れてきて余裕が少し
持てるようになってきたのだと思います。先生からも
肩や肘の力が抜けてきているとのお言葉をいただきました。
まあ、以前に比べればというレベルではありますが。

アドリブも、以前に比べれば右手に意識がいっても左手が
ついてこないということは少なくなりました。スケールを
右往左往する程度のアドリブではあるのですが、それでも
一応、手が動くようにはなってきている実感があります。

これらを踏まえて、新しい課題をいただきました。
左手のコードを裏で弾く練習です。目指すところは
右手でアドリブを弾いている時に、左手は裏でコードを
弾くことです。しかし、いきなりはむつかしいので、
補助練習を教えていただきました。

1.右手は8部音符で、スケールを上下
 (ミ♭ファソラ♭シ♭ドレミ♭ミ♭レドシ♭ラ♭ソファミ♭)
  左手は、ファドレソの時にコードを弾く

2.右手は8部音符でアドリブ
  左手は限定したコード(C-7など)で、裏を弾く

前の課題曲でも少し練習したのですが、その時はなかなか
うまくいかず、とりあえず保留にしていました。今回は、
その時よりはだいぶいい感じで、練習すればなんとか
なりそうです。でもやはり難しく、時間はかかりそう。

とにかくマイペースで、この新しい課題に取り組んでいき
たいと思います。


■次回のレッスンまでの宿題
・課題曲:Softly, as in a monrning sunrise
・アドリブ
 −左手は裏でコードを弾けるように