大人からピアノをはじめてみました

studio Aisya(スタジオアイシャ)

ジャズピアノのレッスン16回目(17/4/27):コードトーンを狙ってアドリブ練習

ジャズピアノのレッスン、その16回目の日記です。
仕事がバタバタしていて、9ヶ月ぶりのレッスンになってしまいました。

■課題(今回のレッスンまでの宿題)
・課題曲:Autumn Leaves
・お手本のアドリブの部品を使ったアドリブ
・テーマを引くときも左手は裏で弾く
・4バース
・ベースソロのバッキング(左手と同じ音を右手で弾く)

まずは宿題の確認で、テーマとアドリブ(お手本)、アドリブ(お手本のアドリブを混ぜながら)、バッキング、4バースを弾きました。一応、ある程度は弾けるようにはなっています。

そんな中、アドリブがどうしてもスケールを上下するだけになってしまったり、フレーズがだらしない感じになってしまうので、もう少し改善する方法を相談したところ、コードトーンについて教えていただきました。

今までの練習でも、左手は先生から譜面に書いていただいたボイシングのコードを弾いています。それに対して右手のアドリブは、コードトーンを狙って弾けるといいとのことです。例えば、コードがC-7なら左手はミ♭ソシ♭レで、右手はドミ♭ソシ♭です。

右手でコードトーンを狙ったアドリブの練習として、次の練習を教えていただきました。

左手は今まで通り、ボイシングのコードを弾いた上で右手についてです。
1.C-7の頭でミ♭、G-7の頭でシ♭を狙って弾く
2.コードトーンのアルペジオを弾く
3.長く伸ばすところ、フレーズの切め目、コードが切り替わった頭でコードトーンの3度を狙う
4.コードトーンの1度、3度、5度を狙う

実際に練習するとかなり難しい。1は少し出来るようになりましたが、2以降はかなりの練習が必要そうです。右手を意識すると、どうしても左手がおろそかになってしまいます。ただ、1を試しただけでも、アドリブのフレーズがだいぶ引き締まる感じがします。この練習でアドリブがもう少しアドリブっぽくなる、はずです。

さて、もう少し「Autumn Leaves」をネタに楽しんでいきたいと思います。


■次回のレッスンまでの宿題
・課題曲:Autumn Leaves
・コードトーンを狙ったアドリブ
・テーマを引くときも左手は裏で弾く
・ベースソロのバッキング
  左手と同じ音を右手で弾く
  裏を弾いたり、食ったりして弾く