大人からピアノをはじめてみました

川崎市の音楽スタジオ(武蔵小杉駅近)『スタジオアイシャ』

ジャズピアノのレッスン18回目(18/4/19):流れの変化とアドリブ

ジャズピアノのレッスン、その18回目の日記です。

■課題(今回のレッスンまでの宿題)
・課題曲:You'd Be So Nice To Come Home To
・右手でテーマ、左手はコードをまずは弾けるように
・アドリブ
 −B♭をベースに一部E♭に転調
 −覚えた決まりフレーズを混ぜる
 −コードトーンを狙う
 
仕事がバタバタしていたこともあり、気がつけば7ヶ月ぶりのレッスンになってしまいました。

そんな中でも、週に1回はピアノを弾くようにしていました。好きな作曲家であるCole Porterの曲「You'd Be So Nice To Come Home To」ということもあって練習は楽しいのですが、上達がそれに比例しないのがつらいところです。

まずは宿題の確認。テーマはある程度は弾けるようになったのですが、アドリブはまだまだ。転調にともなってスケールを変更するのと、D7の時の決まりフレーズを入れるのは少し出来るのですが、右手はスケールを右往左往するレベルで左手もかなり怪しい。コードトーンを狙ったアドリブはまだまだ手付かずの状態です。

この課題曲は2分音符や全音符が多めというか、テンポをゆっくり目にしてピアノで弾いていると少し間延びした感じを自分は受けました。とは言え、早いテンポだと自分の腕がついていかないので、どの程度のテンポを目指して練習すればいいか先生に相談したところ、110くらいでいいのではとのこと。

アドリブについては先生に譜面に書いていただき、まずはこのコピーをすることから始めることにしました。また、ポイントとしてA7のフレーズが重要になるので、この部分についてはお決まりのフレーズを教えていただきました。また、EΦ7の時も感じがだいぶ変わるので、出来ればスケール(ミファソラシ♭ドレミ)で弾くように教えていただきました。

この課題曲はメロディの流れが変わることが多く、そこがかっこいい。それに応じてコード進行も変わり目が多く、アドリブも対応できるようになるとかっこよくなる、はずです。

また、アドリブがスケールを右往左往するだけになってしまうので、これを脱するためにコードトーンを狙う練習もしていきたいと思っています。これ、私にはかなり難しい課題なのですが、じっくり取り組んでいきたいと思っています。



■次回のレッスンまでの宿題
・課題曲:You'd Be So Nice To Come Home To
・アドリブ
 −先生のアドリブのコピー
 −B♭をベースに一部E♭に転調
 −覚えた決まりフレーズを混ぜる
 −コードトーンを狙う