大人からピアノをはじめてみました

studio Aisya(スタジオアイシャ)
大人からピアノをはじめてみました > レッスン日記 > ジャズピアノのレッスン1回目(12/6/19):コードの基礎

ジャズピアノのレッスン1回目(12/6/19):コードの基礎

今日からジャズピアノのレッスンが始まります。
今回はその1回目です。

■課題(今回のレッスンまでの宿題)
・課題曲:Fly me to the moon
・左右別々に右手はメロディ、左手はコードを覚える
・コードは半分を目安に、出来るところまででOK

まずは宿題の確認してもらった後、コードの基礎を解説して
いただきました。コードは多いようでもおおまかには4種類に
分類されるとのこと。そして、ジャズではベースと一緒に
演奏することが多く、その編成を前提にすると4種類のコードを
少し変換することでジャズらしい響きが得られるとのこと。
基本的にはベースがルートを弾き、その上にピアノのコードを
重ねるわけで、その時のセオリーを教えていただきました。

と、セオリーは教えていただいたのですが、1つ1つの音を
確認しながらであればその変換は可能ですが、瞬時にはとても
出来ません。まずは課題曲で、先生にコードネームとそれに
対する音の構成を譜面に書いていただき、これを覚えること
からはじめます。本来は4音のコードなのですが、初心者向に
2音(これは3度と7度)から覚えます。

試しにメチャメチャゆっくり両手で引いてみました。まだ
慣れていないので戸惑いましたが、基本のコードよりは変換した
コードの方が指の移動が少なく、その点はラクな感じです。

次は右手のアドリブです。課題曲のキーはCなので、白鍵を
8分音符で適当に弾いてみます。左手は先生が弾いてくれますので、
右手に集中。まあとてもアドリブという感じではなく、
メチャメチャダサいですが、これがアドリブの第一歩なのかなあと。

いやあ、でもコードって難しいけど楽しいです。今まで何気なく
聴いていたピアノトリオなども、今日習ったようなコードの考え方を
ベースに出来ているのかと体感できただけでも楽しい。ベースがいない
編成、例えばピアノとサックスのデュオなどではピアノの表現も
変わってくるわけで、そんなこんなを意識するだけでCDを聴く楽しみが
増えました。

次回のレッスンまで、マイペースですが、宿題を少しでも進めたいと
思っています。

■次回のレッスンまでの宿題
・課題曲:Fly me to the moon
・先生作成のコードの譜面(左手用)を覚える
・左手でコード、右手でメロディで合わせる
・出来れば右手のアドリブも練習


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック