大人からピアノをはじめてみました

studio Aisya(スタジオアイシャ)
大人からピアノをはじめてみました > レッスン日記 > ジャズピアノのレッスン12回目(15/2/26):左手のリズム強化

ジャズピアノのレッスン12回目(15/2/26):左手のリズム強化

ジャズピアノのレッスン、その12回目の日記です。

■課題(今回のレッスンまでの宿題)
・課題曲:Softly, as in a monrning sunrise
・アドリブ
 −左手は4小節目の最後で「食う」
 −右手は3連を混ぜる


まずはおさらいで、
テーマ→アドリブ→バッキング→4バース→テーマ
アドリブではE♭メジャースケールやCブルーノートスケール、
お約束のフレーズや3連を混ぜる。

先生から右手は少しづつ動いてきているので、今回は
左手のリズムの強化をメインにしてやってみましょう
とのこと。左手のリズム次第で、よりジャズらしく
かっこよくなる、らしいです。

今度は左手のコードを裏で、右手でアドリブを弾きます。
少しづつ出来ているとのこと。

次は4小節ごとにリズムを食います。そこで先生から
アドバイス。

・左手で食う時の右手の動き
  1.左手と同じリズム(伸ばす)
  2.左手とは別に、8分音符などでふつうに

1は何とかできます。ただ、食うときは少し強めに、
切れよく弾くと、より活きるとのアドバイス。
うーん、弾くので精一杯でなかなか難しい。

しかしそれより難関が2です。これが意外と難しい。
脳で指示していても、手が全然言うことを聞いてくれ
ません。そこで、先生から補助練習を教えてもらいました。

右手で簡単なフレーズ(ファミレド)などをずっと
弾きながら左手で食ってその分のフレーズは伸ばして
いく。右手は何事もなかったように同じフレーズを
繰り返す。こ、これは練習が必要ですぜ。

さらに自由に左手を食う(4小節目に加えて、2小節目が
比較的やりやすい)。バッキングでも食う。

なんかピアノのブログっぽくなく、食いまくりですが、
ジャズではどんどん積極的に食ったほうが良いとのこと。
確かに、少しうまくいったところはカッコいい。

食います。


■次回のレッスンまでの宿題
・課題曲:Softly, as in a monrning sunrise
・アドリブ
 −左手は裏で弾いて、自由に「食う」
   その時の右手は2パターン(左手といっしょ、そのまま)
 −バッキングを両手で、裏で弾いて時々食う


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック