大人からピアノをはじめてみました

studio Aisya(スタジオアイシャ)
大人からピアノをはじめてみましたトップ > レッスン日記

ジャズピアノのレッスン6回目(12/12/31):アドリブの時は左手を見ないで右手を見る

ジャズピアノのレッスン、その6回目の日記です。
2012年最後のレッスンは、大晦日に先生にお付き合いいただき
ました。

■課題(今回のレッスンまでの宿題)
・課題曲:Fly me to the moon
・指はなるべく寝かせて、手の甲を鍵盤からあまり離さず上下に
  動かさないで弾く練習。
・左手の4音のコード+右手でアドリブ
・左手を裏で弾く

まず、テーマ→アドリブ→テーマをチェックしてもらいます。
何箇所がミスがあったり、アドリブというより適当ではありますが、
それなりに慣れてきました。

アドリブの時、左手を見ながら右手はほとんど見ないで適当に
弾いているのですが、それだとミスタッチが多くなります。
先生からはなるべく左は見ないで右をみるようにすると
いいとのアドバイス。試しに目をつぶって左手のコードだけ
弾いてみるようにとの指示。無理でしょ、と思いつつ試して
みると、自分でもびっくりしたのですが出来るのです。
左手も慣れてきて、知らず知らずに体が覚えてきているよう
です。左手は時々チェックする程度で右手を見ながらアドリブを
すると、確かにミスタッチが少なくなります。でも、右手に
意識がいくと、左手をミスったりします。でも、これももう少し
慣れればよくなってきそう。

今度は左のコードを裏で鳴らしながら、右手でドレミファソラシド
ドシラソファミレドと繰り返します。少しづつ出来るようには
なってきていますが、まだまだ時間がかかりそうです。
今度は右手でアドリブ。これは難しい…、まあ練習です。

今後セッションに参加する場合に向けて、いくつかセオリーも
教わりました。まずは4バース。4小節ごとに交代でドラムなど
別のパートの人と掛け合いです。そして、他のパートのバッキング
をする時。ベースなどのソロの時に左右の手でコードを弾いて
バッキングをします。右手でコードを弾くのは全然できません。
また、タダでさえどこを弾いているか見失うことがあるのですが、
ベースのソロなどでは特に見失いやすいので、しっかり
小節をカウントする必要があります。

今年は冬くらいには下手でもセッションに参加できるように
したいなあと思いながら、マイペースで練習していきたいと
思います。

■次回のレッスンまでの宿題
・課題曲:Fly me to the moon
・左手の4音のコード+右手でアドリブ、その時になるべく左手を
  見ないで右手を見ながら(右手のミスタッチを減らす)。
・左手を裏で弾く
  右手はドレミファソラシドドシラソファミレド。それに慣れて
  きたら右手はアドリブ。
・ベースのソロのバッキングを想定して左右でコードを弾く練習。


ジャズピアノのレッスン7回目(13/3/7):黒鍵と指使い

ジャズピアノのレッスン、その7回目の日記です。

■課題(今回のレッスンまでの宿題)
・課題曲:Fly me to the moon
・左手の4音のコード+右手でアドリブ、その時になるべく左手を
  見ないで右手を見ながら(右手のミスタッチを減らす)。
・左手を裏で弾く
  右手はドレミファソラシドドシラソファミレド。それに慣れて
  きたら右手はアドリブ。
・ベースのソロのバッキングを想定して左右でコードを弾く練習。

上の宿題で、バッキングので左右のコードを弾く練習までは手が
回らなかったのですが、テーマ→アドリブ→テーマをチェックして
もらいました。

左手をあまり見ないで左手でコードが弾けるようになってきたので、
右手でアドリブを弾いてもミスタッチが減りました。とは言え、
右手のアドリブで黒鍵を少し混ぜたいとか、少しでも右手に意識が
いってしまうと左手をミスってしまいます。以前は左手が一度
ミスるとパニックになってどこを弾いているか分からなくなってしまい、
演奏を続けられませんでした。今は多少ミスをしても、ガチャガチャ
になりながらテンポ通りに弾くことが出来るようになってきました。

ある程度は弾けるようになってきたので、新しい曲で練習して
みましょうということになりました。今度の課題曲は
「Softly, as in a monrning sunrise」です。

今までのFly me to the moon はキーがCだったので、右手の
メロディやアドリブは白鍵中心でなんとかなっていました。
一方今度の課題曲はキーがE♭、譜面でも♭がミラシについて
きます。当然、黒鍵を弾く頻度がグンと上がります。

右手でテーマを弾いてみると、最初はかなりとまどってしまい
ました。でも、先生から右手の指使いでアドバイスをいただいて、
少し慣れてきました。

・ドとファの位置はなるべく親指を使う
・指ごえ、指くぐりを少し多めにする
・ソラ♭ソミ♭レドのフレーズでは中指からはじめて、
  ミ♭は人差し指を使う

フレーズで黒鍵が増えてくると、少し手の動きが複雑になります。
指の使い方も少し意識する必要がありそうです。

コードは先生から指定いただいたコードを、まずは覚えなければ。
注意点としては、薬指はなるべく使わないのが基本とのことです。

今回の課題曲では、黒鍵と少しでも仲良くなっていきたいと思います。


■次回のレッスンまでの宿題
・課題曲:Softly, as in a monrning sunrise
・右手のテーマ、左手のコードを覚える
・左右でテーマ+アドリブを練習


ジャズピアノのレッスン8回目(13/6/6):ブルーノートスケール

ジャズピアノのレッスン、その8回目の日記です。

■課題(今回のレッスンまでの宿題)
・課題曲:Softly, as in a monrning sunrise
・右手のテーマ、左手のコードを覚える
・左右でテーマ+アドリブを練習

仕事がバタバタしていて、約3か月ぶりのレッスンと
なってしまいました。宿題は、とりあえず右手のテーマ、
左手のコードを覚えて両手でつっかえながら弾ける
ところまでは出来ました。

まずはそれをチェック。両手で弾くとテンポ通りには
弾けず、ところどころひっかかってしまいます。
テンポを70までおとして、左手だけ、右手だけで練習して、
再度両手にトライします。左手だけの練習では、なるべく
目をつぶってひけるようにとのアドバイスをいただきました。
8割がた大丈夫なのですが、何か所か目をつぶると見失って
しまいます。何回か練習していくと、少しづつ弾けるように
なってきましたが、まだひっかかります。

次は右手のアドリブの練習。左手部分を先生に弾いてもらって、
自分は右手だけ弾きます。まずは、E♭メジャースケール上を、
テキトーに8分音符で弾きます。前回の課題曲のCメジャーより
黒鍵が増えてくる分、少し戸惑います。

次に、Cブルーノートスケールを教えていただきました。
これはドミ♭ファソ♭ソシ♭ドというスケールです。
特に、ソ♭とドを一緒に弾くとカッコいいとのこと。
先生に左手部分を弾いてもらって、自分は右手のみ、
E♭メジャーとCブルーノートスケールを混ぜて弾きます。
かなりテキトーに弾いていますが、確かにブルーノート
スケールを混ぜると、ブルージーな締まったサウンドに
なり楽しい。Softly, as in a monrning sunriseのような
曲は、ブルーノートスケールを少し多めに入れても
カッコイイとのアドバイスです。曲によって、演奏者の
個性にもよりますが、ブルーノートスケールはスパイスの
ようなもので、どの程度混ぜるかというさじ加減が難し
そうです。まあ、今の自分のレベルだとテキトーでしか
ありませんが。

やはり今回の課題曲は黒鍵に慣れるのが大きな課題に
なりそうです。また、前回の課題曲からの課題でもある
のですが、アドリブで右手を自由に動かしても左手が
ちゃんとコードを押さえられるようになると、アドリブが
もっと楽しくなりそうです。う〜ん、でも時間がかかるかなあ。


■次回のレッスンまでの宿題
・課題曲:Softly, as in a monrning sunrise
・左右でテーマをテンポ通りに弾けるように
・左右でアドリブを練習
 −右手はE♭メジャースケールを上下
 −右手はCブルーノートスケールを上下
 −右手でE♭メジャースケールとCブルーノートスケールを
   混ぜて