大人からピアノをはじめてみました

studio Aisya(スタジオアイシャ)
大人からピアノをはじめてみましたトップ > レッスン日記

ジャズピアノのレッスン9回目(13/10/30):アドリブのアプローチ

ジャズピアノのレッスン、その9回目の日記です。

■課題(今回のレッスンまでの宿題)
・課題曲:Softly, as in a monrning sunrise
・左右でテーマをテンポ通りに弾けるように
・左右でアドリブを練習
 −右手はE♭メジャースケールを上下
 −右手はCブルーノートスケールを上下
 −右手でE♭メジャースケールとCブルーノートスケールを
   混ぜて

気がつけば時間があっという間に過ぎていて、約5か月
ぶりのレッスンとなってしまいました。

宿題はある程度できるようになってきました。でも
アドリブは右手で黒鍵の位置を意識すると、左手がうまく
動きません。先生からまずはE♭メジャースケールを
3オクターブくらい見ないでも弾けるように出来ると、
少し余裕ができといいと教えていただきました。また、
Cブルーノートスケールを使う場合、最初は決めフレーズを
使えるようにできるといいとのアドバイス。ソ♭とドを
一緒に弾いて、ファミ♭ドと下がっていく簡単なフレーズを
使えるように練習。このソ♭とドを一緒に、強めに弾くのが
キモで、うまく弾けるとなかなかカッコいい。また、G7で
使えるお決まりフレーズを2つほど教えていただきました。
これもアドリブの中で使えるように練習です。

これらを踏まえて、先生に左手部分を弾いていただき、
右手のみでアドリブを弾くと、まあ、少しはまともに
弾けるのですが、やはり左手を自分で弾くとグダグダに
なってしまいます。まあ、なんとか慣れていきたいところ
です。

前回の課題曲でも教えていただいた、セッションを想定した
いくつかセオリーを今回の課題曲でも練習。まずは4バース。
4小節ごとに交代でドラムとの掛け合いを想定しての練習です。
4小節+次の1音のみ弾くのですが、夢中で弾いていると
ついつい行き過ぎたり、最後の1音を忘れてしまいがちです。

そしてベースソロのバッキングを想定しての練習。
今回は左手のみでコードを弾く練習でしたが、右手も同じ
コードを弾けるように課題をいただきました。また、
コードだけ弾いていると、どこを弾いているか分からなく
なる時があります。今回の課題曲は、同じようなコードが
繰りかえされることが多いこともあって、特に見失いがち
です。この曲は、同じような構成で分けると、「AABA」に
なります。特に最後のAから最初に戻ると最長Aが3つ続くので、
頭のAを特に意識するようにとのこと。

いろいろありますが、なかなかうまくいかなかったアドリブも
少しづつではありますが、慣れてきつつある気がします。
いつかはセッションに参加できるといいなあと、妄想を楽しみ
つつ、無理のないよう続けていきたいと思っています。


■次回のレッスンまでの宿題
・課題曲:Softly, as in a monrning sunrise
・アドリブ
 −右手でE♭メジャースケールを見ないで3オクターブ
   くらい弾けるように
 −お決まりのフレーズを混ぜれるように
・セッションを想定した練習
 −4バース
 −バッキング(左手と右手で同じコードを弾く)


ジャズピアノのレッスン10回目(14/5/20):コードを裏で弾く練習

ジャズピアノのレッスン、その10回目の日記です。

■課題(今回のレッスンまでの宿題)
・課題曲:Softly, as in a monrning sunrise
・アドリブ
 −右手でE♭メジャースケールを見ないで3オクターブ
   くらい弾けるように
 −お決まりのフレーズを混ぜれるように
・セッションを想定した練習
 −4バース
 −バッキング(左手と右手で同じコードを弾く)

気がつけば前回のレッスンから半年以上が過ぎてしまい
ました。

可能な範囲で少しづつ練習していたので、今の状況を
見ていただきました。テーマ→アドリブ→バッキング→
4バース→テーマを完成度はともかく、一応通しで弾ける
ようになりました。以前なら途中で集中力が切れて
しまっていたところですが、慣れてきて余裕が少し
持てるようになってきたのだと思います。先生からも
肩や肘の力が抜けてきているとのお言葉をいただきました。
まあ、以前に比べればというレベルではありますが。

アドリブも、以前に比べれば右手に意識がいっても左手が
ついてこないということは少なくなりました。スケールを
右往左往する程度のアドリブではあるのですが、それでも
一応、手が動くようにはなってきている実感があります。

これらを踏まえて、新しい課題をいただきました。
左手のコードを裏で弾く練習です。目指すところは
右手でアドリブを弾いている時に、左手は裏でコードを
弾くことです。しかし、いきなりはむつかしいので、
補助練習を教えていただきました。

1.右手は8部音符で、スケールを上下
 (ミ♭ファソラ♭シ♭ドレミ♭ミ♭レドシ♭ラ♭ソファミ♭)
  左手は、ファドレソの時にコードを弾く

2.右手は8部音符でアドリブ
  左手は限定したコード(C-7など)で、裏を弾く

前の課題曲でも少し練習したのですが、その時はなかなか
うまくいかず、とりあえず保留にしていました。今回は、
その時よりはだいぶいい感じで、練習すればなんとか
なりそうです。でもやはり難しく、時間はかかりそう。

とにかくマイペースで、この新しい課題に取り組んでいき
たいと思います。


■次回のレッスンまでの宿題
・課題曲:Softly, as in a monrning sunrise
・アドリブ
 −左手は裏でコードを弾けるように


ジャズピアノのレッスン11回目(14/10/21):リズムを「食う」

ジャズピアノのレッスン、その11回目の日記です。

■課題(今回のレッスンまでの宿題)
・課題曲:Softly, as in a monrning sunrise
・アドリブ
 −左手は裏でコードを弾けるように

気がつけば前回のレッスンから約半年。可能な範囲で
少しづつ練習していたので、今の状況を見ていただき
ました。

まずはおさらいで、
テーマ→アドリブ→バッキング→4バース→テーマ
一応、通しで弾けるところまではきています。以前は
間違ったりすると、そこで何を弾けばいいか分からなく
なって演奏をストップしてしまっていましたが、
パニックになりつつも続けられるようになったのは
一応の進歩。

で、前回からの宿題の「左手は裏でコードを弾きつつ
右手でアドリブ」です。E♭メジャースケールや
Cブルーノートスケールを上下する程度なら、まあ
なんとか弾けるようになってきました。ただ、左手の
コードで音をもう少し短く切りたいのですが、右手が
一緒だとどうしても長めになってしまいます。
また、お決まりのフレーズ(ソファ♯ソミ♭シレドなど)
を交えると左手が動かなくなってしまいます。
この辺はもう少し練習が必要です。

次のステップとして、2点ほどアドバイスをいただき
ました。

1.食う
まずは「食う」。って???。シンコペーションのこと、
と説明を受けても???。拍の裏で、次の音を先に弾く
ことのよう。まずは単純な練習として、左手のコードを
裏で弾きつつ、4小節の最後の裏で次の小節のコードを
先に弾いて、そもままその小節内は伸ばす、という練習。
言葉で説明するとややこしいですが、実際に弾いて
もらうとなじみのあるフレーズ、というかCDではよく
聴くリズムでした。こういったリズムの変化が入ると
かっこいい。練習してみると、左手のコードだけなら
なんとかなるのですが、右手が入るとまだ左手が動か
なくなってしまいます。まあ、これは宿題ということで。

2.3連
もう1つは右手のアドリブで3連を混ぜるということ。
お決まりとして、ファ♯ソドを3連で弾くフレーズを
教えていただきました。今までアドリブではほとんど
8分音符でつなげていましたが、これに3連が入ると
リズムの変化があってこれまたかっこいい。これも
右手だけならある程度弾けるのですが、左右合わせると
動かなくなってしまいます。これも宿題です。

これからはもう少し定期的にレッスンも受けられそう
なので、楽しみです。とは言え、マイペースで取り
組んでいきたいと思います。


■次回のレッスンまでの宿題
・課題曲:Softly, as in a monrning sunrise
・アドリブ
 −左手は4小節目の最後で「食う」
 −右手は3連を混ぜる