大人からピアノをはじめてみました

studio Aisya(スタジオアイシャ)
大人からピアノをはじめてみました

ジャズピアノのレッスン8回目(13/6/6):ブルーノートスケール

ジャズピアノのレッスン、その8回目の日記です。

■課題(今回のレッスンまでの宿題)
・課題曲:Softly, as in a monrning sunrise
・右手のテーマ、左手のコードを覚える
・左右でテーマ+アドリブを練習

仕事がバタバタしていて、約3か月ぶりのレッスンと
なってしまいました。宿題は、とりあえず右手のテーマ、
左手のコードを覚えて両手でつっかえながら弾ける
ところまでは出来ました。

まずはそれをチェック。両手で弾くとテンポ通りには
弾けず、ところどころひっかかってしまいます。
テンポを70までおとして、左手だけ、右手だけで練習して、
再度両手にトライします。左手だけの練習では、なるべく
目をつぶってひけるようにとのアドバイスをいただきました。
8割がた大丈夫なのですが、何か所か目をつぶると見失って
しまいます。何回か練習していくと、少しづつ弾けるように
なってきましたが、まだひっかかります。

次は右手のアドリブの練習。左手部分を先生に弾いてもらって、
自分は右手だけ弾きます。まずは、E♭メジャースケール上を、
テキトーに8分音符で弾きます。前回の課題曲のCメジャーより
黒鍵が増えてくる分、少し戸惑います。

次に、Cブルーノートスケールを教えていただきました。
これはドミ♭ファソ♭ソシ♭ドというスケールです。
特に、ソ♭とドを一緒に弾くとカッコいいとのこと。
先生に左手部分を弾いてもらって、自分は右手のみ、
E♭メジャーとCブルーノートスケールを混ぜて弾きます。
かなりテキトーに弾いていますが、確かにブルーノート
スケールを混ぜると、ブルージーな締まったサウンドに
なり楽しい。Softly, as in a monrning sunriseのような
曲は、ブルーノートスケールを少し多めに入れても
カッコイイとのアドバイスです。曲によって、演奏者の
個性にもよりますが、ブルーノートスケールはスパイスの
ようなもので、どの程度混ぜるかというさじ加減が難し
そうです。まあ、今の自分のレベルだとテキトーでしか
ありませんが。

やはり今回の課題曲は黒鍵に慣れるのが大きな課題に
なりそうです。また、前回の課題曲からの課題でもある
のですが、アドリブで右手を自由に動かしても左手が
ちゃんとコードを押さえられるようになると、アドリブが
もっと楽しくなりそうです。う〜ん、でも時間がかかるかなあ。


■次回のレッスンまでの宿題
・課題曲:Softly, as in a monrning sunrise
・左右でテーマをテンポ通りに弾けるように
・左右でアドリブを練習
 −右手はE♭メジャースケールを上下
 −右手はCブルーノートスケールを上下
 −右手でE♭メジャースケールとCブルーノートスケールを
   混ぜて


黒鍵と仲良くなりたい

なるべく1週間に1度は1時間の練習時間を確保していた
のですが、仕事がバタバタしていて数カ月はそれすら
維持できませんでした。

そんな中、少しづつではありますが、2曲目の課題曲、
「Softly, as in a morning sunrise」の練習をはじめ
ました。この曲はE♭なので、黒鍵の出番が必然的に
多くなります。片手だけならまだしも、両手で黒鍵が
多くなるとなかなかうまく対応できません。

とは言え、それ以外は1曲目で通ってきた道、メロディと
コードを覚えて、それを片手づつで練習して、さらに
両手で練習という流れは2度目の経験なのでそれほど
違和感はありません。あとは黒鍵と仲良くなりたい
ところです。

つっかえつっかえですが、テーマの部分は両手でも
弾けるようになりつつあります。次はアドリブの
練習にも取組たいと思います。

レッスンもしばらくお休みしていたので、再開したいと
思っています。まあとにかく、無理なく続けていきます
です。


課題曲:Fly me to the moonのまとめ(録音してみました)

41歳からピアノをはじめて1年が過ぎました。最初の
4ヶ月程度は独学でクラッシックの教則本を見ながら練習を
していました。その後、ジャズピアノのレッスンを
約9ヶ月受けさせていただいていました。

練習は週に1時間、レッスンは1〜2カ月に1度程度で、
マイペースで無理のない範囲で続けてきました。

そのジャズピアノのレッスンでは課題曲でFly me
to the moonを練習していました。今度、課題曲を変える
ことになったので、その前にまとめとして、ドラムと
ベースのカラオケに合わせて録音をしてみました。
もちろん、人に聴いてもらえるシロモノではありませんが、
何かの参考になればと思い、公開させていただきます。



左手でコード(4音もしくは3音)を弾きながら右手でテーマ⇒
アドリブ⇒テーマと弾いています。

アドリブ(この言葉を使うのは抵抗がありますが)はこの
曲のキーであるC、つまり白鍵を8分音符で右往左往するのが
ほとんどで、コードがE7の時だけ定番フレーズを弾いています。
本当は16分音符を入れたり、黒鍵を入れたりしたいのですが、
少し右手に意識が行くと左手が動かなくなってしまうのです。
この録音でも、右手に少し意識をもっていったら左手が怪しく
なってきて、持ち直そうと左手に意識を持っていったら
今後は右手がうまく動かなくなってしまい、息も絶え絶えと
いう感じでした。右手をもっと自由に動かせるようになると
楽しそうなのですが、そんな時でも左手が動くようになるには
時間がかかりそうです。

まあそれでも、ピアノをはじめる時には両手で弾けるように
なるなんて想像すら出来ませんでした。この録音程度では
ありますが、左手で和音を弾きながら右手でメロディを
弾けるようになるなんて、自分でもびっくりです。

自分もそうでしたが、ピアノなんて大人からはじめても
弾けっこないという先入観を持っている人は多いのではないで
しょうか。ですが少しづつでも続ければ、ゆっくりではあっても
弾けるようになってきます。

そして何より、好きな音楽を自分の両手で奏でるのは本当に
楽しい時間です。これからもマイペースで練習を続けて、
今年はセッションに参加が出来ればなあと思っています。